DX peditionなどを支援する目的で1994年秋、JA3AFR氏の呼びかけで発足したDX Foundationです。

DX peditionは80年代以降大規模化の道をたどり、当然多額の費用を必要とする ようになり、諸DX団体からの経済的な支援なしには実行不可能になってきました。 またアマチュア無線発展途上国の援助にしても機材の提供、技術支援など多岐にわたり、継続的な支援が求められています。

世界的にはNCDXF, INDEXIA,EUDXFなどのDX Foundationが活動、様々なDXを支援しています。DX界での日本の地位も高まりに伴い、相応の分担をする時期になってきたなか、個人的な様々な支援を行ってきましたが、より組織だった継続的なものにするためにDXLFとして発足する運びになりました。