ありません、それは会員自身がDX peditionなどの援助のみを目的としているからです。敢えて言えばDXを援助した喜びを分かち合うことです。一個人の楽しみだけでなくDX界全体を援助し、活性化させていく喜びを皆さんと分かち合いたいと思っています。